.

自動車重量税、通称重量税は国産メーカーの車でもドイツ車というような車の生産国やスポーツカー、クーペなど車体に全て同じでレクサスやポルシェ、などでも変わりなく課せられる税のことをいいます。新車を登録する場合もしくは定期的にある車検の場合に納税が必要な税金なのです。その支払金額はクルマの大きさ毎に決定されます。「自動車重量税」と「自動車税」を比べると全く違う税金ですので混同しないようにしなければなりません。「自動車重量税とは重さにより」「自動車税は自動車の排気量で」その税額が違います。そして、買い取りする時の対応も違いますし、注意しなければなりません。クルマを買い取ってもらう際には既に納めた車の税額がどれだけ残っていた場合でも、その金額が返ってくることはないです。一方、自動車税でしたら、支払い済みの残存税額を売却額に乗せてくれるといった場合がありますが重量税の場合は上乗せになるような事例はなかなかないのです。重量税というのは、車の処分時に納めてある税額が残存していると言っても中古車の買い取り店にてそれが忖度される場合はまずないのです。なので次の支払い、つまるところ次の車検まで待機してから査定に出すのが無駄がないと思います。自動車引き取り時は戻ってこない重量税ですが、特別な事例だと還付される可能性があります。その時は、車検の効力が残存している自動車を廃車にする時です。要は廃車登録をした場合残存期間に応じた額が還付されます。ただし自動車の売却の時はその中古車が廃車になるのとは違うので還付されません。それに愛車の名義変更をした場合や盗難にあった際も返金してもらうことはできません。重量税が残っている期間があるクルマを売るイコールつまり車検期間がまだあるクルマということになります。店側も考慮しますので、自動車重量税が残っていれば少しは買取額が上乗せされるはずです。勿論、買取額は業者次第で異なりますが、車検の効力が残っているということを計算に入れてもらえば、売却する自動車の売却額と比較するとあまり払い損ということもありません。

Copyright (c) 2000 www.serprankings.com All Rights Reserved.