.

外国為替証拠金取引(FX)についての面白みは単独の投資の商品であるが投資期間を「短期」「中期」「長期」の3種類の期間からどれを選定するかによって資本の投下の仕方が全然違う点にあるのです。

第一に外貨投資の「長い期間の投資」を詳しく見てみましょう。

長期スタンスというのは、一年以上の投資期間を前提にしています。

一般的に為替の相場で、一年も後の為替の相場がは円高になっているだろうか、あるいは円安かを予測するなんていうことは、たいてい難題だと思います。

正直なところ「それほど後々の未来のことは考えられない」というのが実際のところです。

予言もできないものを予測しようにも、それは無意味なものなのです。

そういったことから他国の貨幣を買って、その時点での価格よりも円高傾向になったとしてもその差損分はいつか円安になるはずだという軽い意識でやり取りに向かうのが良いと思います。

為替差益を無理に求めるのではなく他からの収益、つまりはスワップ金利を大きくすることを、まず最初のねらいということで出資してみましょう。

当たり前のことですが、短期で為替差損に損が大きくなってしまうことがあります。

したがって、こういう場合のような損にも問題ないようレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を必要最小限に売り買いする心がけは肝心です。

外国為替証拠金取引(FX)は為替差損が決まった金額を超えて更に拡大すると追い証が出て来たりそれともストップロス(ロスカット)になってしまったりします。

ロスカットを置いたら、やり取りをフィニッシュしなければならず、長期トレードは厳しくなります。

こういうリスクを回避するにはレバレッジ2?3倍あたりで売買するのが良いと思います。

第二に中期のスタンスを狙った売買を見てみましょう。

中期スタンスの場合は、2ヶ月程度経った頃を見越しての取引を行うのです。

為替の売買の時、だいたい1ヶ月先のことであればほとんどの場合予測しやすいと思われます。

G7のような会議とか為替市場参加者が何をところに着目しているかを見ればいくぶん想定できるのです。

上記のようにファンダメンタルズを見ながらなお、グラフをチェックすることで、為替のレートの変動を理解し、取引を決めるといいと思います。

基本的にファンダメンタルズとテクニックのどちらでも良い状態であり、もしくは買い傾向が一致していれば思った通りに動いていくと考えて間違いありません。

その時は保有高を増やすことによって多くのリターンを得られるのはほぼ間違いないでしょう。

第三に短期のスタンスの要点。

ここでいう短期トレードが示しているのは、言わばデイトレを指しています。

為替市場でデイトレを行うにあたり、経済の状況は決して絡まないと断定していいです。

あくる日の為替のレートの変動にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は無関係だからです。

この時、一番の重要ポイントは目を引く出来事がある場合、それに影響して為替の相場が大幅に変動する瞬間を見落とさないようトレードしましょう。

例として、米国にて雇用統計が公布される、それとも金融会議などで金利が変化するほどのイベント。

こういった一瞬の動きを見過ごさないといったわけで、短期のトレードは多様な要素が必須になる。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.serprankings.com All Rights Reserved.